読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時雨に舞う

プログラミングや技術情報などの備忘録

puttyで任意のセッションをバッチで起動する

便利ツール

puttyで管理するセッションがすごい量になってきました。

あのウィンドウって大きくならないですよね?(知らないだけ?)

設定情報はレジストリに入っているらしいので、そこを書き換えるバッチを作るのは面倒だしリスクが高そう。

でもやっぱりセッションを探してスクロールするのは煩わしいのでバッチで解決してみました。

 start "" "C:\Program Files (x86)\PuTTY\putty.exe" -load "%~n0"

この一行をテキストファイルに書き込んで、ファイル名を「xxx.bat」としましょう。

コマンド内にある「%~n0」はファイル名の拡張子を除く部分を指します。つまりファイル名が「xxx.bat」の場合はセッション名が「xxx」のものを実行する動きになります。

つまり、上記のコマンドのバッチファイルを作成したら、後はコピーしてファイル名をセッション名に変えるだけで任意のセッションを実行するバッチがどんどん出来あがるということです。

「aaa.bat」「bbb.bat」…と中身は同じでファイル名だけ違う、でも「aaa.bat」はセッション名「aaa」で接続を試みることになります。

ちなみに start コマンドは非同期処理でputtyを実行する為に入れています。要するにコマンド実行中のウィンドウ(黒いウィンドウ)を出し続けない為のものです。

あと、puttyの実行ファイルのパスは任意のものに変更してくださいね。

同じ事で悩んでいる方の役に立てれば幸いです。

 

著者:t.n